容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

  1. 2008/05/23(金) 14:09:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:6|
  4. コメント:1
半永久的に脱毛ができると言われているレーザー脱毛。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、脱毛したい部位によって使い分けてもよいでしょう。
また保温効果があるため、処理後の肌がしっとり感じられるでしょう。
人間に必要だから毛が生えているわけであって、ムダな毛というのはないのです。
家族に手伝ってもらったり、脱毛クリームを使って毛を溶かしてしまうのも一つの方法です。
顔のムダ毛はとくに目立ってしまうのです。

皮膚への負担も、かみそりに比べ少ないと言われます。
そのため脇の下のムダ毛処理は夏だけでなく、1年中欠かせなくなっています。
毛根が残っていて、まだ活動しているからです。
若い分、肌も元気ですから、多少皮膚に負担のかかる処理法でも、それほど大きな肌トラブルを引き起こすことなく済んでしまいます。
一度に広い範囲の脱毛ができるため、両脇の下でも10分くらいで処理できます。

脱毛クリームを使うにしても、かみそりを使うにしても、家族の人などに手伝ってもらうほうが、むらなくきれいに処理できるでしょう。
そんなに頻繁に替えていられない、と思う人もいるかもしれませんが、肌に負担をかけないようにムダ毛を剃るには、よく切れる上質の刃を肌の上で滑らすように剃るのがもっともよい剃り方になります。
横滑り防止の安全ガードがついていたり、コーティングを施して滑りをよくする工夫がされているものもあります。
刃が表に出ていないので簡単に扱えそうですが、意外と深く剃れるため皮膚も一緒に切ってしまうことがあったりと、自分で細かく手加減できないという点ではなかなか扱いが難しいようです。

毛根部分で細胞分裂

  1. 2008/05/23(金) 01:41:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:2
まず脱毛クリームは、アルカリ性の薬剤によって皮膚表面の毛を溶かして除去するものです。
成長期では、毛根部分で細胞分裂が盛んに起こり、毎日毛が伸びていきます。
退行期に入ると細胞分裂は停止し、毛穴が収縮していきます。
しかし、水着を着る機会があるのであれば、ビキニラインのはみ出し毛や突き抜け毛は徹底的にチェックしておきたいものです。
ただ、いずれ医療機関での永久脱毛をしてみたい、と思うのであれば、無理な自己処理を続けて肌を痛めてから行なうよりは、まだあまり手を加えていない傷みのない肌のうちに受けたほうが、肌への負担も少なく仕上がりもきれいだと思います。
脱毛、脱色が終わったら、しっかり洗い流して薬剤が肌に残らないようにしてください。

ではどのように処理したらよいでしょうか。
溶かすか抜くか、それによって効果の持ち期間や処理時の痛みも違ってきます。
では脱毛クリームやワックスなどは、どのような仕組みで脱毛できるのでしょうか。
例えば脇の毛は成長期が約2?3ヶ月なので、伸ばしっぱなしにしてもその分しか毛は伸びませんが、髪の毛では成長期が約1?3年ほどあるので、ずっと切らずにいると腰より下まで伸びてきます。
脱毛クリームは、人間の毛の主成分であるタンパク質を溶かして除毛するものです。
横滑り防止の安全ガードがついていたり、コーティングを施して滑りをよくする工夫がされているものもあります。

これらのさまざまな商品の違い、わかりますか?

脱毛テープについては、テープを肌に貼って、はがすのと同時に毛も抜き取るものだ、ということはわかりやすいですね。

安全かみそりを使って手で剃るのか、あるいは電気かみそりで深剃りするのか、どちらを使うのかは一度自分の肌で試してから決めた方がよさそうです。


夏が近づき、肌を露出する機会が増えてくると「この腕のちくちくした毛を何とかしたい」「つるつるすべすべの足にしたい」とムダ毛の処理に悩む女性が増えてきます。
この成分は脱毛クリームに配合されているものもありますが、抑毛剤として発売されているものにも多く含まれています。
そんなに頻繁に替えていられない、と思う人もいるかもしれませんが、肌に負担をかけないようにムダ毛を剃るには、よく切れる上質の刃を肌の上で滑らすように剃るのがもっともよい剃り方になります。
しかし、それが積もり積もって炎症やシミとなって残り、年をとってから後悔しないよう、肌に優しい処理法を選んでほしいと思います。

DTIブログって?