容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

イライラした時に使うアロマオイル

  1. 2008/05/20(火) 03:04:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
アロマエッセンスは種類が豊富で迷ってしまいます。ひとつのお値段も安い物ではありません。安価なアロマエッセンスを購入してしまうと、作用が弱かったり肌荒れの危険もあります。
ですから徐々に揃えていく為にも、ひとつ「これだ!」と思える香りに出会いたいものです。
いくつかのお勧めですが、こちらで紹介するのは名の知れた馴染みやすい香りです。効能も挙げたらキリがなく余計迷ってしまうので、よく起こる症状に効果的な香りをご紹介しましょう。
まずは誰もが起こり得る「イライラ」です。家庭や職場でちょっとしたイライラは起こるものです。そんな時にふっと香りを嗅ぐと効果的ですね。
イライラの解消に役立つアロマオイルのひとつに「イランイラン」があります。まるでダジャレのようですが覚えやすくて便利です。
イランイランの効能は、カーッと上ってしまった血圧を下げたり、ホルモンバランスを整えたりします。
ホルモンバランスを整え気分を穏やかにすることによって、なるべくイライラして怒らない人になっていきたいものです。
イランイランの香りは甘くてゴージャスな気分にさせてくれます。東南アジアを連想させるような、エキゾチックな香りです。
もうひとつお勧めなのが「ローズ」です。こちらは言わずと知れたバラです。ピンクのバラは見ているだけでも女性ホルモンを分泌させると言われていますので、すばらしい効能を持っています。
ローズもホルモンバランスを整え、血液の循環を活発にする効能があります。アロマオイルにしてマッサージをすれば、感想肌や敏感肌の方にもお勧めです。
イランイランもローズも、エッセンスの香りを部屋に散りばめながらアロマオイルでマッサージを受けると、とても色っぽい男性・女性になれそうですね。

かみそりの刃の交換

  1. 2008/05/18(日) 00:39:47|
  2. 脱毛|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
一般的に女性がムダ毛処理をしている部分で多いのが、脇の下、脚、腕だそうです。
処理方法は手軽なかみそり、ついで脱毛クリームでの除毛が多いようです。
かみそりで剃る方法も脱毛クリームで毛を溶かす方法も、効果は長持ちしないのですが、短時間で手軽にできるのが魅力です。
経済面で言えば、脱毛クリームよりかみそり派という人が多いでしょう。

しかしいくらコストをかけずにムダ毛処理したいからと言って、いつまでも同じ刃のまま剃っているのはよくありません。
かみそりの刃というのは、意外に傷んでくるのが早いのです。
刃が傷んでいると、ギザギザになって皮膚に余計な傷をつけてしまいますし、手に余計な力も入ってしまいます。
替え刃式のかみそりであれば、両腕、両脚をひととおり剃ったら刃を交換するくらいが本当はよいのです。
そんなに頻繁に替えていられない、と思う人もいるかもしれませんが、肌に負担をかけないようにムダ毛を剃るには、よく切れる上質の刃を肌の上で滑らすように剃るのがもっともよい剃り方になります。
ムダ毛を剃る際には、石けんが乳液など、すべりが良くなるものをあらかじめ塗っておくとよいでしょう。

安全かみそりには手軽な使い捨てのものもありますが、刃の質を考えると替え刃式のかみそりの方が良いようです。
横滑り防止の安全ガードがついていたり、コーティングを施して滑りをよくする工夫がされているものもあります。
コストをかけずに、とは言っても、大切な肌を傷つけないために、かみそりも慎重に選びたいものです。

ムダ毛ってどんな毛?

  1. 2008/05/18(日) 00:38:54|
  2. 脱毛|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:220
女性の悩みの一つにムダ毛処理の方法があります。
毎晩、入浴時にかみそりで剃ったり、あるいは脱毛クリームや脱色剤で手入れをしたり、レーザー脱毛に通う人もいますね。
脱毛クリームやレーザー脱毛などの「脱毛」とは、ムダ毛を処理することを言います。

では一体「ムダ毛」とはどんな毛のことを言うのでしょう。
本当は医学的には「ムダ毛」というものはありません。
人間に必要だから毛が生えているわけであって、ムダな毛というのはないのです。
しかし美容上の理由から、また文化的な理由から「ないほうがよい」とみなされる毛のことを一般的に「ムダ毛」と呼んでいるのです。

世界のいろいろな国では、その文化によって毛に対する考え方は少しずつ異なっています。
アラブ諸国の男性はヒゲを剃らないことはよく知られていますね。
また中国では女性が脇の下の毛を剃ることは、日本ほど一般的ではありません。
時代の流れによっても毛に対する考え方が変わってきています。
私たちの住む日本でも、江戸時代には婚期を迎えた女性は眉毛を剃っていたそうです。
当時は眉毛が「ムダ毛」だったのですね。

最近の日本では、ムダ毛処理が過熱している傾向があるように見えます。
全身をつるつるにしたいと強く希望する女性が増えてきています。
しかし人間である以上、自然に生えてくる毛を取り除くということは成長に逆らっていることであり、肌にダメージを与えるとシミなどになって残ってしまうこともあります。
ムダ毛処理もほどほどに、また、慎重に行ないたいものですね。

DTIブログって?

前のページ